*

読売ヴェルディ(現・東京ヴェルディ1969)のJリーグ元年(1993年)~憎いほど強かったヴェルディ

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

読売ヴェルディのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。

漠然に強いというイメージが残った読売ヴェルディの何がすごかったのか、またどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

ベルディ

■とにかく強かった読売ヴェルディ

1993年の読売ヴェルディは実力が頭一つ分位飛び出て他を圧倒していました。

サントリーシリーズ(1stシリーズ)こそ歯車が噛み合わず優勝を逃しましたが(と言っても2位で終わり優勝まであと一歩という状態でした)、ニコスシリーズ(2ndシリーズ)ではぶっちぎりの1位で優勝しました。

しかもニコスシリーズでは16勝2敗、得点43、失点10の得失点差+33で終わる凄まじい成績をあげました。ちなみにサントリーシリーズで優勝した鹿島アントラーズは得失点差+23でした。

Jリーグ元年はVゴール方式を導入しとにかく引き分けを無くすと言ったシステムを取られていたため、読売ヴェルディは本当に勝ち切ると言うチームでした。

読売ヴェルディは今後も日本サッカー界を引っ張り野球でいう巨人のような存在になっていくだろうということが予想されました。

しかし当時人気があった日本代表組が移籍や引退をしメンバーが入れ替わると勝てなくなり、J2に落ちてしまったのです。

当時ラモス選手はヴェルディがJ2降格して「めちゃくちゃ悔しい」といい、過去のチームでも愛着があるコメントを残しています。

J2に落ちて以降はずっとJ1に復帰することは無いのですが、いずれ復帰した際には報道が凄くなることが予想されます。

■隙がなかった読売ヴェルディ

1993年のニコスシリーズでは読売ヴェルディには隙がありませんでした。

サントリーシリーズでは開幕戦に負けたりと選手間の確執が浮き彫りとなる形で成績は振るいませんでした(と言っても2位ですが!)。

が、ニコスシリーズになると歯車が噛み合います。三浦知良、武田修宏、ラモス瑠偉、北澤豪、柱谷哲二、都並敏史、菊池新吉と言った日本代表組に加え、ビスマルク、ペレイラを擁し圧倒的な力を発揮します。

1993年の読売ヴェルディには他チームのオールスターでも勝てなかったのでは無いかと言うくらい強く、さらに層の厚いチームでした。

そして監督はサッカー解説でおなじみのあの松木安太郎さんです。「キーパーがいなければ今のゴールできてたのに」とか「今のファールだろ」と言って解説ではなくむしろ飲みながら日本代表を応援しているあのおじさんが凄腕監督だったんですよ。今の若者には絶対想像できないでしょうけど、あそこまでのチームを作るには松木監督の他にはできなかったでしょう。

その松木監督率いる読売ヴェルディはサントリーシリーズとニコスシリーズの覇者で争うJリーグチャンピオンシップでも鹿島アントラーズを下し、Jリーグの初代チャンピオンとなっています。

■日本サッカー界が強くなるためには読売ヴェルディが必要だった

今思うとですよ。今思うと読売ヴェルディがスター選手を集めまくって王座の位置に君臨し続ける。そして他チームは常に挑戦し続ける。そういった構造ができた方が日本サッカー界が強くなったことでしょう。

海外でいうレアルみたいなチームを作り、アジア優勝当たり前と言うチームは作れたはずです。

資金を出し渋り、衰退していく読売ヴェルディと日本サッカー界がダブらなければいいのですが…。

関連記事

エスパルス

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)~強いのにタイトルとは無縁だった

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ニコスシリーズ開幕直後に鉄壁

記事を読む

フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)~インパクトが足りなかった横浜フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。今は横浜マリノスに組み込

記事を読む

Fマリノス

横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)のJリーグ元年(1993年)~タイトル奪取とはいかなかった苦い思い出

横浜マリノスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。優勝候補とされ、得点王を輩出し

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑