*

サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)~異質な土地柄が生んだ異質なチーム

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

ここでは、サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。広島という独特の地域性を表したサンフレッチェ広島がどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

サンフレッチェ

■どことなく異彩を放っていた1993年のサンフレッチェ広島

サンフレッチェ広島を語る前に、ちょっと広島の話をしたいと思います。私が思うに広島と言う地域性が異質なような気がしています。

それは恐らく戦国時代に話は遡ります。私はそこまで戦国時代の知識に明るいわけでは無いのですが、広島は三本の矢で知られる毛利元就が統治していた地です。彼は他の武将と違って攻めに出るのではなくあくまで今ある地を大事にすると言うスタンスを取っていました。

何となくその気質があると思うのが広島カープのチーム戦略です。彼らは選手を育てて他チームに対抗すると言う戦術を取っています。

私の目には1993年のサンフレッチェ広島も似たような匂いを感じていました。

確かに外国人はいましたが、核となっていたのは日本代表GKの前川やFWの高木、MFの風間と言った日本人選手達でした。

地域密着を提唱するJリーグにとってサンフレッチェ広島の地域柄を出した戦術と捉えたのは私だけでしょうか。とにかくJリーグ元年最も独自な存在だったのはサンフレッチェ広島だったと思います。

■最初は苦しかったチーム事情

独自性を出した1993年のサンフレッチェ広島ですが、チーム事情はかなり厳しいものでした。

当初コーチとなったヤン・ヨンソンを選手起用したり、現役引退した松田、望月を現役復帰させたりしその場しのぎをしていると捉えられました。

しかし戦術が徐々に浸透するとサントリーシリーズでは6位、ニコスシリーズでは5位と大いに検討しました。

ちなみに翌年のサントリーシリーズでは優勝にしています(しかもガラス製の優勝トロフィーを割ってしまうというおまけつき)。

うまく選手を育て強豪に仕立て上げるチーム戦略としては日本一だと思いました。

■開幕戦はいきなり見せ場が

さてこのチーム事情がよろしくなかったサンフレッチェ広島ですがJリーグ元年(1993年)の開幕戦でいきなり見せ場を作ります。

この年の開幕戦は5月15日に読売ヴェルディ対横浜マリノスの対戦が行われ先制点はヴェルディのマイヤーが取りました。

そしてマリノスが2点取って逆転したわけですが、何とこの3得点全員外国人選手が取ったんです。

つまり日本人初得点という枠はまだ残されていた訳です。

そして5月16日にJリーグ日本人初得点を記録したのはサンフレッチェ広島の風間八宏選手です。得点時間は何と前半1分。相手は1990年W杯優勝経験したリトバルスキー要するジェフ市原でした。

この記録はあまり知られていませんがやはり記念すべき得点だったと思います。

さらにこの試合は2ー1でサンフレッチェ広島が勝利し、見事初陣を飾りました。

関連記事

ガンバ

ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)~初年度は苦戦の嵐だった

ここでは、ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ガンバ大阪の顔は釜本監

記事を読む

エスパルス

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)~強いのにタイトルとは無縁だった

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ニコスシリーズ開幕直後に鉄壁

記事を読む

ヤタガラス

そして現在…日本サッカー界が停滞・低迷しているといわれている理由とは?

最後に、日本サッカー界が停滞していることについてどうしなければいけないのか、また、低迷していると言わ

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑