*

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)~強いのにタイトルとは無縁だった

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ニコスシリーズ開幕直後に鉄壁の守護神シジマールを獲得した清水エスパルスはどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

エスパルス

■下馬評を覆したチームの一つ

1993年のJリーグが発足してから2016年現在まで、あまりタイトルを獲得することなくJ2に落ちてしまった清水エスパルスについて、お世辞にも「強い」と思う人は多く無いかもしれません。

しかし1993年のJリーグ元年から数年間、優勝争いに加わるチームとしてJリーグを盛り上げていました。

1993年のサントリーシリーズでは4位とまあまあいい成績だったものの、ニコスシリーズは2位となり、年間成績でも2位につけるなど大健闘でした。

ニコスシリーズの成績は14勝4敗(当時はVゴール方式を採用し引き分けなしだった)、得失点差は+17と優勝してもおかしく無いほどの成績でした。

ただ優勝した読売ヴェルディが16勝2敗と恐るべき好成績を残したため、2位に甘んじるという状況でした。

1993年Jリーグ10チームはそれぞれサッカーファンにいろいろな印象を与えたと思いますが、「意外に強い」と言うイメージを植え付けたのは鹿島アントラーズと清水エスパルスだったと思います。

■日本人の活躍が著しかった

1993年の清水エスパルスは外国人が活躍し、トニーニョの両手を広げる飛行機パフォーマンス(ネーミングは分かりませんが)は有名でした。

しかしそれ以上に活躍したのが日本人選手だったと思います。堀池巧、大榎克己、澤登正朗、長谷川健太と各ポジションで日本代表クラスの日本人がいてソツのないサッカーをしていました。私の周りにはヴェルディファンが多かったのですが、清水エスパルスの恐怖に怯えていたのを覚えています。

強いて残念でならないのがJリーグ年間成績2位、ニコスカップ2位に、ヤマザキナビスコカップ準優勝、天皇杯ベスト4と安定したけどタイトルとは無縁だったということですね。

■一番日本に影響を与えた外国人GK

みなさんシジマールという外国人選手をご存知でしょうか。長身GKで当初6試合連続無失点と言う記録まで作り、「どうやってこいつから点取るの?」と思ったサッカーファンもいたことでしょう。

GKでここまで影響を与えた選手はいないのではないでしょうか。

確かシジマールはバラエティのPK合戦に出演して助走するキッカーの足とボールを交互に見てどっちに飛ぶか決めると言っていたのをよく覚えています。

私はサッカーをしていてポジションはGKだったのですが、相手をずっと見てどちらに来るか賭けていたので「そういう決め方があるのか」といろいろ教えさせられたのを覚えています。

そして私は鹿島アントラーズファンだったのですが、一番好きな選手はシジマールでした。タイトルを取っていたらもっと騒がれていたでしょうね!

関連記事

アントラーズ

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)~奇跡の軌跡

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。もっとも成功を収めているチ

記事を読む

フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)~インパクトが足りなかった横浜フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。今は横浜マリノスに組み込

記事を読む

ガンバ

ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)~初年度は苦戦の嵐だった

ここでは、ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ガンバ大阪の顔は釜本監

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑