*

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)~呪われたチーム

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。とにかく勝てなかった誤算続きの浦和レッズがどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

レッズ

■1993年の浦和レッドダイヤモンズ

今でこそ浦和レッドダイヤモンズと言えば日本を代表する強豪チームの一つとして常に優勝争いに加わっているイメージがありますが、Jリーグ元年である1993年は酷いものでした。

1993年はサントリーシリーズ、ニコスシリーズと2シーズン制だったのですが、そのどちらでも最下位。

しかもサントリーシリーズは目の前で対戦相手である鹿島アントラーズが優勝、ニコスシリーズでは同じく目の前で対戦相手である読売ヴェルディが優勝するなどいいところが無いどころか運にまで見放されていました。

どのチームもJリーグ元年は外国人プレーヤーに頼る傾向が強かったのですが、下位のチームに共通して言えることは、彼らの活躍が予想を大幅に下回ると言うことでした。

浦和レッドダイヤモンズも例外ではなく、外国人プレーヤーの不調、そこから来るチーム方針の崩壊が、原因となり最下位が定位置となってしまったのです。

■Jリーグ元年ならではの恥ずかしいプレーもあった

さらにJリーグ元年という事もあり、お粗末なプレーも飛び出します。

鹿島アントラーズ戦で先制点を取ったにもかかわらず、その30秒以内に(もっと早かったかもしれません)取り返されるというシーンがありました。

しかもその取られ方があまりにもお粗末です。なんと喜んでいる間に試合が始まってしまって、気がついたら攻め込まれていて点を取られるというなんとも情けない点の取られ方でした。

ここであれっと思う方いませんか?どのチームも点数取って喜ぶのは当たり前ですよね。でも試合は始まりません。理由は選手が自陣にいないと試合が始まらないからです(鹿島の自陣に浦和の選手が一人でもいたら試合は開始されません。)

しかし浦和レッドダイヤモンズの選手は全員自陣で抱き合っていたのです。それを見逃さなかった鹿島アントラーズの選手はボールをセット。審判はルールに則り試合再開のホイッスル。あっけなくゴールという悲劇です。

浦和はずっと勝てていなく先制点を取って喜びたいのは分かりますが、プロとしてはかなり恥ずかしい点の取られ方でしたね。

■結局最後まで浮上できなかったレッズだったが……

1993年結局浦和レッドダイヤモンズは最後まで浮上できませんでした。そればかりか翌シーズンも最下位になってしまいます。

それでも力をつけていったのは事実で、そこからは他チームとの力の差もなくなっていきました。

関連記事

グランパス

名古屋グランパスエイトのJリーグ元年(1993年)~超大物ストライカー、リネカーの獲得は…

名古屋グランパスエイトのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。名古屋グランパスエイ

記事を読む

アントラーズ

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)~奇跡の軌跡

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。もっとも成功を収めているチ

記事を読む

ガンバ

ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)~初年度は苦戦の嵐だった

ここでは、ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ガンバ大阪の顔は釜本監

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑