*

横浜マリノス(現・横浜F・マリノス)のJリーグ元年(1993年)~タイトル奪取とはいかなかった苦い思い出

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

横浜マリノスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。優勝候補とされ、得点王を輩出したにもかかわらず優勝できなかった横浜マリノスがどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

Fマリノス

■1993年、Jリーグ初の勝者横浜マリノス

1993年5月15日は日本サッカー界の歴史が変わった一日である事は間違いないでしょう。

Jリーグの開幕に登場したのは人気1,2のクラブである読売ヴェルディと横浜マリノスでした。この2チームは開幕前から別格でJリーグ元年の幕開けにふさわしい試合を展開してくれました。

試合は読売ヴェルディのマイヤーが先制し前半を1ー0で折り返すものの、後半に横浜マリノスが反撃開始。後半3分にエバートンのゴールで追いつくと14分にディアスのゴールで逆転。見てるものをハラハラドキドキさせる見所満載の好ゲームでした。

あの試合を見て「Jリーグは成功するな」と思ったのは私だけじゃなかったはずです。

1993年に1stシリーズであるサントリーシリーズを優勝したのは鹿島アントラーズでしたが、この2チームはやはり重みと言うか人気と言うか、とにかく他の8チームとは違う感じでした。

■ベストイレブンに三人輝く

1993年の横浜マリノスはサントリーシリーズ3位、ニコスシリーズ3位と安定した力を見せたものの、タイトル獲得はなりませんでした。

それでもディアスがJリーグ初代得点王に輝いたり、日本代表GK松永、DF井原も存在感を十分に発揮し、ベストイレブンに三人もの名を連ねました。

横浜マリノスファンだけでなく1993年の日本サッカー界を盛り上げたのは間違いありません。

2016年現在、開幕当初からトップリーグに在籍しているのは鹿島アントラーズ、横浜マリノス(今は横浜てFマリノスですが)、名古屋グランパス(追記:その後J2降格が決定)しかないという点から見ても、安定感の良さやクラブ運営の充実度が伺えるチームです。

■読売ヴェルディと共にJリーグを牽引していた

横浜マリノスはJリーグの開幕戦で対戦した読売ヴェルディとは切っても切り離せない縁で、Jリーグが始まるはるか前から日本サッカー界を牽引してきました。当時から黄金カードなんて言われていましたね。

今ではオシャレにクラシコなんて言ったりしますが(現在レッズ対ガンバをクラシコなんて言う人がいますが、それに対しては不満で、私はこのヴェルディ対横浜こそクラシコだと思っています)、この開幕戦は選手達にとってもやはり異様で、当時横浜マリノスの選手だった水沼氏が試合前のアップの段階で感極まって泣いていた選手もいたという程でした。

全ての重圧を払拭したこの2チームの開幕戦に対しては、アンチヴェルディ、アンチマリノスのサッカーファンも拍手を送ることでしょう。

関連記事

レッズ

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)~呪われたチーム

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。とにかく勝てなかった

記事を読む

アントラーズ

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)~奇跡の軌跡

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。もっとも成功を収めているチ

記事を読む

ガンバ

ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)~初年度は苦戦の嵐だった

ここでは、ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ガンバ大阪の顔は釜本監

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑