*

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)~リトバルスキーの功績!

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。リトバルスキーを中心にチーム作りをしていったジェフユナイテッド市原がどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

ジェフ

■ジェフユナイテッド市原のサッカー

1993年にJリーグが開幕したわけですが、その際に外国人がチームに及ぼす影響は絶大でした。

今と違って日本人のレベルがまだまだ発展途上だったためその差は歴然です。

日本人選手はそんな偉大な外国人プレーヤーのスキルを盗もうと必死だったことでしょう。多くのチームで見られたのがブラジル人選手を獲得することでした。鹿島アントラーズや読売ヴェルディなんかもその路線でした。

しかしジェフユナイテッド市原は当時珍しくヨーロッパの選手を引き入れました。

恐らくチームの狙いとして個人のスキルでの打開ではなくチーム力を上げていくというチームビジョンがあったのでは無いかと思われます。

キーパーには下川、MFには中西と言った日本を代表する選手を要し当時加入したリトバルスキーについて行くというコンセプトが見受けられました。

■リトバルスキーのプレーは最高だった

1993年のJリーグ開幕を迎えるにあたって各チーム外国人の存在はとても重要だったことは上記でも触れましたが、中でも鹿島アントラーズのジーコ、ジェフユナイテッド市原のリトバルスキー、名古屋グランパスエイトのリネカーの話題は別格でした。

私が思うにこの中で表立って活躍したのはタイトル獲得や日本人選手への影響ということを加味するとジーコだったのでは無いかと思います。

しかし、一番圧巻なプレーをしたのはリトバルスキーだったのでは無いでしょうか。

前記の三選手はやはり全盛期に比べると力の衰えが否めませんでしたが、リトバルスキーのドリブルは健在で見ているものを魅了しました。

そもそもリトバルスキーがW杯で優勝したのは1990年のこと。しかも当時西ドイツにはマテウス、クリンスマン、ブレーメと言ったスーパースターが存在したわけですが、リトバルスキーもエース級の働きをしていました。(ちなみに1990年W杯の決勝はアルゼンチンと対戦したわけですが、贔屓目なしにリトバルスキーが一番輝いていました)

そんな選手が3年後、日本でプレーしてるなんて誰が想像できるでしょう。言ってみればラームやシュバインシュタイガーが今Jリーグに来ているようなものです。

セレッソがフォルランを獲得した際相当騒がれましたが、それ以上に凄いことだったと私は思います。

そしてリトバルスキーはチームを牽引し続け多大な貢献をしました。

私は彼のプレーを生で一度見たのですがやはり圧巻でした。鹿島アントラーズファンだった兄がジェフユナイテッド市原のファンに切り替わってしまったのは彼のプレーによるものです。

■ジェフユナイテッド市原は将来のあるチームに映った

1993年のJリーグ元年、ジェフユナイテッド市原はさほどいい成績を収めることは出来ませんでしたが、将来性を感じさせるチームだったという事は間違いありませんでした。

初戦は広島に敗戦したものの、2節では読売ヴェルディに2ー1、5節では横浜マリノスに5ー0で大勝し、4連勝。波に乗ったら止められず大物食いをするチームというイメージが持たれたことでしょう。

当時5ー0というスコアを見なれない日本人ファンからしてみたらこのままジェフが優勝してしまうのでは無いかと思ったのではないでしょうか。

意外性、爆発性に富んでいて見ているものを飽きさせないチームという意味ではJリーグナンバー1だったかもしれません。

リトバルスキーもコンスタントに高いパフォーマンスを見せてくれてファンも着実に増えていきました。

関連記事

サンフレッチェ

サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)~異質な土地柄が生んだ異質なチーム

ここでは、サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。広島という独特

記事を読む

ガンバ

ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)~初年度は苦戦の嵐だった

ここでは、ガンバ大阪のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ガンバ大阪の顔は釜本監

記事を読む

元年

Jリーグ開幕!Jリーグ元年(1993年)が凄かった理由とは?

Jリーグ開幕!Jリーグ元年(1993年)は誰の目から見ても成功に映るでしょう。ではなぜそのような成功

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑