*

名古屋グランパスエイトのJリーグ元年(1993年)~超大物ストライカー、リネカーの獲得は…

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

名古屋グランパスエイトのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。名古屋グランパスエイトは超大物ストライカー、リネカーを獲得したが…そんな名古屋グランパスエイトがどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

グランパス

■リネカーと言う超大物を連れてきた名古屋グランパスエイト

1993年、Jリーグ元年を迎えるにあたって各チーム大物外国人を獲得してきました。

中でも鹿島アントラーズのジーコ、ジェフユナイテッド市原のリトバルスキー、名古屋グランパスエイトのリネカーは別格で、Jリーグ開幕前から騒がれていました。

リネカーは推定年俸で2億6500万円と言われていて、2位のジーコの推定年俸1億4000万円を大きく上回っていました。

リネカーはW杯で得点王に輝き、その期待のほどは凄まじいものでした。

しかしリネカーは最後に点を取るフィニッシャータイプで、ジーコのようなパスやリトバルスキーのドリブルと言った相手に囲まれた際に打開すると言ったタイプの選手ではないため、専門家の中には周りの選手が上手くなければリネカーを上手く活かすことができないためあまり活躍ができないのではないかと言う意見もありました。

私もリネカーにお膳立てできるほどの力は名古屋グランパスエイトにはないのではないかと思いました。

■開幕戦から躓いた名古屋グランパスエイト

さて1993年のJリーグ開幕戦、名古屋グランパスエイトは鹿島アントラーズと対戦しました。

この対戦はジーコ対リネカーとも言われ超注目カードでした。

とは言ってもカシマサッカースタジアムの規模がそこまで大きくなかったため、全試合で一番観客数は少なかったです。その数なんと前日に行われた読売ヴェルディ対横浜マリノスの6分の1程度の観客数でした。

そして試合はというと、鹿島アントラーズに5点取られまさかの5ー0の大敗。リネカーの見せ場はと言ったらゴールネットを揺らしたものの結果はオフサイドだったと言うシーン位で、懸念されていた周りとの連動はほぼ皆無でした。

皮肉にも同じく騒がれていた大物外国人ジーコはハットトリックする大活躍で、両者の明暗がくっきり分かれる形となりました(ジーコは前年から鹿島アントラーズにいたので条件が五分というわけではありませんでしたが)。

開幕戦から躓いた名古屋グランパスエイトはサントリーシリーズ9位、ニコスシリーズ8位と全くいいことなく1993年のシーズンを終わらせました。

■結局活躍できなかったリネカー

名古屋グランパスエイトに加入したリネカーですが、我もあり結局7試合に出場し1得点しか取れないという不名誉な記録を作ってしまいました。

特に名古屋グランパスエイトにいい影響を与えることなく退団するに至り、ネカーの獲得は失敗と言っても過言ではなかったでしょう。

ところであまり知られていないことですが、名古屋グランパスエイトは当時リネカーを獲得する前マラドーナの獲得を考えていたようです。リネカーではなくマラドーナを加入させていたら名古屋グランパスエイトは全く違う歴史を歩んでいたことでしょうね。

※追記
2016年、名古屋グランパスエイトはJ2降格となり、J2降格経験のないオリジナル10は鹿島アントラーズと横浜Fマリノスだけになってしまいました。残念です。

関連記事

エスパルス

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)~強いのにタイトルとは無縁だった

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ニコスシリーズ開幕直後に鉄壁

記事を読む

ジェフ

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)~リトバルスキーの功績!

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。リトバルスキーを中心

記事を読む

ベルディ

読売ヴェルディ(現・東京ヴェルディ1969)のJリーグ元年(1993年)~憎いほど強かったヴェルディ

読売ヴェルディのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。 漠然に強いというイメ

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑