*

Jリーグ開幕!Jリーグ元年(1993年)が凄かった理由とは?

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

Jリーグ開幕!Jリーグ元年(1993年)は誰の目から見ても成功に映るでしょう。ではなぜそのような成功を収めることができたのか。前年に行われたナビスコカップに焦点を当て紹介したいと思います。

元年

■Jリーグ開幕する前年の事

先日バスケットのプロリーグであるBリーグが開幕されました。私の友人も開幕戦を観戦に行き異様な盛り上がりだったと興奮していました。

しかし、開幕戦こそテレビで放映していたものの、その後どうなったか全く分からなくないですか?

メディアも全くバスケについてきておらず、何チームあるのか、何試合やるのか全く見えてきません。

「いやいや、バスケ相当人気でしょ」というのは一部のバスケ好きだと思います。

それに比べてJリーグはどうでしょう。華々しいJリーグ元年を迎え「さぁ!日本にサッカーの時代が来た!」と思わせてくれましたよね。それには様々な要因があったと思います。

まず一つにJリーグ元年の前年に存在していたヤマザキナビスコカップ。私はあの存在が全てだったと思います。ヤマザキナビスコカップでサッカー熱を徐々に温めたことで、Jリーグ元年の開幕を「ドカン!」とサッカー人気を爆発させることに成功させたと思います。

■下地はかなり出来ていた

ヤマザキナビスコカップが開かれた頃、チームは徐々に過去に有名だった選手を外国から集めてきました。

さらにスタジアムの建設も着々と進めていました。

野球のプロチームが企業名を入れる中、サッカーは地域密着を掲げ地元でJリーグを盛り上げようと必死でした。

「サッカーを見る」という文化のない日本に「野球観戦だけでなくサッカー観戦という選択肢もある」と思わせてくれたのがこのナビスコカップです。

Bリーグ開幕の際にはこのナビスコカップに当たるものが無かった気がします。それを考えるとサッカーはうまくやったと思いますよ!

■Jリーグ元年の縁の下の力持ちであるナビスコカップは絶対に面白かった!

さらにこのナビスコカップ。かなり画期的でした。

と言うのも試合に勝ったら勝ち点を貰えるのですが、2得点したら勝ち点1追加するという世界でも類を見ないリーグだったのです。

サッカー玄人から言わせてみると「なんだそのふざけたルールは」とお叱りを受けそうですが、ノーガードの打ち合いなども観ることができ、素人ながら「サッカーおもしれぇ」と思いました。

このルールは素人をサッカーファンに引き込むのに超画期的なシステムだったと思います。(このシステムもまたJリーグ開幕の成功に結びつけたのは間違いありません)

ちなみに私はたまたまナビスコカップの鹿島アントラーズ対読売ヴェルディを観にいきました。4-3で鹿島が勝ち、凄い面白かったのを20年以上たった今でも覚えています。

しかも観戦する当日に父から「今からサッカー観に行くから」と言われわざわざ茨城のつくばから国立競技場に仕事を切り上げて連れて行ってくれました。

当時読売ヴェルディと日産マリノスしかチームを知らなかった私は、当然ヴェルディを応援するものだと思っていたのですが、茨城県民、強いては茨城県職員であった父は当然のように「鹿島を応援する」と言い放ち、その日から鹿島サポーターになりました。

この地域密着を提唱しているJリーグの趣向に乗っかってしまったわけですが、きっとこういうファンがJリーグ開幕を成功させたのだと思っています。

関連記事

フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)~インパクトが足りなかった横浜フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。今は横浜マリノスに組み込

記事を読む

エスパルス

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)~強いのにタイトルとは無縁だった

清水エスパルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。ニコスシリーズ開幕直後に鉄壁

記事を読む

ジェフ

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)~リトバルスキーの功績!

ジェフユナイテッド市原のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。リトバルスキーを中心

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑