*

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)~奇跡の軌跡

公開日: : 最終更新日:2017/03/08 未分類

鹿島アントラーズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。もっとも成功を収めているチームと言っても過言ではない鹿島アントラーズはどのようなスタートを切ったか振り返ってみましょう!

アントラーズ

 ■Jリーグ元年!1993年の鹿島アントラーズは凄かった

1993年、Jリーグ元年。鹿島アントラーズはサントリーシリーズ(今で言う1stステージ)を制しました。

Jリーグ元年である1993年はサッカー人気がどうなるか全く予想がつかなかった為、鹿島アントラーズは前年に会員募集をし、なんと会員になったらホームゲームは何回見ても入場タダでした!

しかも私は会員になっていた為(しかも子供だった為年会費5000円という価格破壊が起きていました=年間パスポートを5000円で購入したようなもの)よくせがんで父に連れて行ったものです(ちなみに父は会員でなかった為、チケットが取れないと往復4時間かけただ送り迎えをしてくれました。本当に感謝してます……)

そしてあの伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたのです。

1993年の開幕戦はやはり別格で、今でも私の人生の自慢話の一つです。

■鹿島と言ったらやっぱりジーコ!

後々の事を考えると日本サッカー界の最大の買い物がジーコではないでしょうか。

当時一度は引退したジーコが、サッカー王国ブラジルで10番を背負い神様と崇められたジーコが来たのです。

ジーコはなんとJリーグ開幕戦でハットトリック達成!鹿島アントラーズの名前を一日で全国に轟かせまた。

その後ジーコが怪我をしても、彼のマインドを注入された選手達は奮起。サントリーシリーズ(1stステージ)を制覇しました。

それから今日まで鹿島アントラーズは初年度からJ1にい続ける数少ないチームとして安定した成功を収めているのです。

ジーコイズムと言う言葉は鹿島アントラーズのチームやファン、メディアがよく使う言葉ですが今後も使われ続けることでしょう。

■アルシンドや日本人選手の成長

外国人選手を助っ人と言う人が多い中、アルシンドに限ってはファミリーという方が似合う事でしょう。

アルシンドほど短期間で日本に馴染んだ外人はいないのではないでしょうか。ジーコが怪我をし不在でもアルシンドが点を取る。鹿島アントラーズの攻撃が確立されていたのです(実はもう一人サントスと言う地味だけど物凄くうまくて頼りになるプレーヤーもいたのですが)。

さらに長髪なのに頭頂部が禿げてる出で立ちで明るいキャラだったため人気は高かったです。CMにも出て「アルシンドになっちゃうよ〜」と言う言葉も大受けでした。

外国人だけでなく日本人の成長も著しかったです。大野、本田、黒崎など日本代表を排出しました。1993年のJリーグ元年、鹿島アントラーズと試合するのはどのチームも嫌だったはずです。その位の強さを発揮していました。

※追記
2016年、クラブW杯決勝でのレアルマドリードとの死闘は素晴らしかったですね。

関連記事

レッズ

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)~呪われたチーム

浦和レッドダイヤモンズのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。とにかく勝てなかった

記事を読む

フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)~インパクトが足りなかった横浜フリューゲルス

横浜フリューゲルスのJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。今は横浜マリノスに組み込

記事を読む

サンフレッチェ

サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)~異質な土地柄が生んだ異質なチーム

ここでは、サンフレッチェ広島のJリーグ元年(1993年)の見どころをまとめてみました。広島という独特

記事を読む

  • Soccor-ken
    ライター。無類のサッカー好き。海外サッカー、Jリーグ問わずウォッチしています。
    高校時代のポジションはGK。
    伝説の開幕戦、鹿島アントラーズVS名古屋グランパスエイトの試合、ジーコ対リネカーの試合を見ることができたことは、今でも私の人生の自慢話の一つです。

PAGE TOP ↑